朝のウォーキングからジョギングへ

自然療法研究家でヘルストレーナーの齋藤信子です。

朝のウォーキング続けています。途中『腱引き体操』(無理なく体が整います!)を入れて、1時間弱、7000歩くらいです。寒い日も、雨の日も、毎日必ずをモットーに、カワラウリバー沿いのコースを歩きます。

週に3回は、ジョギング(有酸素運動は、ミトコンドリアに良し!骨への衝撃は造骨細胞を刺激する!)も取り入れて、少しずつ走る距離を伸ばしています。今現在、コースの半分を走ります。週4回は、ほぼ歩きですが、、、。徐々に走れる距離が長くなっていて、気持ち良いです。

大学時代は、これでもバスケット部。講義が終わってから、ジョギング8Km北海道の畑の中の道を走っていました。なにしろ、途中で短縮することができない、広い畑を1周するコースでしたから、、、。

今は、山や、川や、時には、ジェットボートに手を振ったりして楽しんで歩き走っています。

気持ち良いですよ~。邪気が飛び去ります(マインドフルネスは健康にとても大切!)。皆さんも、ぜひどうぞ。

(11月末の様子ですが、さわやかさをおすそ分け!)

2018年12月20日